So-net無料ブログ作成

楽天市場で買ってポイントを貯めよう!

コシヒカリ 特徴 [食]

ニュースで魚沼産コシヒカリが平成29年産米の食味ランキングで特Aをとれなかったといっていました。とれないことでニュースになるくらいとっていたんだなあと思いました(^^;)


コシヒカリについていろいろ調べてみると、最初に開発したは福井県で1956年のこと。漢字は「越光」なんだそうです。美味しいけど栽培が難しいので広まったのは栽培に適していた新潟県。


改良がすすんで、いまでは全国で栽培され、米の作付け面積の3分の1がコシヒカリだそうです。日本人はコシヒカリ好きなんですね~。


特徴は美味しさ。強い旨みと粘りが共存しており、炊きあがったときの香りやツヤもよく、歯ごたえも柔らかい。米自体に旨みが強いので、和食などの薄味のものより洋食に向く。おにぎりなどにも向いています。粘りが強いのでチャーハンなど調理系のお米としてはイマイチです。


全国で栽培されるようになったコシヒカリですが、前述の食味ランキングで特Aをとれるのは全部ではありません。ランキングでは県とさらに地域にわけて評価するのでするのですが、3年連続で特Aをとっているのは次のコシヒカリ


福島 コシヒカリ(会津)


新潟 コシヒカリ(上越・佐渡)


福井 コシヒカリ 


長野 コシヒカリ(北信)


岐阜 コシヒカリ(美濃・飛騨)


兵庫 コシヒカリ(県北)


コシヒカリは南にいくほど粘り気が弱くなるといわれているそうです。


最近話題の新品種も、コシヒカリから改良されたものが多いです。「あきたこまち」「はえぬき」「ひとめぼれ」「つがるロマン」などです。


日本人はコシヒカリいっぱい食べているんだな~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。